書籍「最強の経験学習」の感想




書籍『最強の経験学習』を読んだので感想を書きたいと思います。

1.本書を一言でいうと

経験を通じて効果的に学習し続けることが人生を豊かにする!

2.著者「デビッド・コルブ」について

 ハーバード大で社会心理学の博士号を取得しており、経験学習の理論を考案者です。1970年代に以下の4つのサイクルによる経験学習のモデルを考案しています。本書ではさらにそれを9つの学習スタイルとステップに拡張して説明しています。
・積極的な行動
・具体的経験
・内省的検討
・抽象的思考

3.4つの経験学習のステップ

 著者は”経験こそが学びの入り口である”と述べています。自分が人生を通じて”学習者”であるというアイデンティティをもって、経験学習の四つのサイクル(具体的な経験→内省的検討→抽象的思考→積極的な行動)を回すことで、新しい学びを得ることが出来るということを主張しています。著者は”学ぶためには自分はそのことを「知っている」という確信を手放す必要があります”と言っています。確かに、普段の生活や仕事について、分かったような気になっていることで学習の機会を逃していることはよくあるように思います。例えば、子供の頃や新入社員の頃は、分からない前提で物事を見ることが出来て、自ら考え学ぶ機会が多かったように思います。それが経験を重ねるにつれて、分かっているような気になって疑問も持たずに見過ごしていることがたくさんあるということに気づきました。
自分の経験を学習につながるためには、以下の学習サイクルを意識して、学習者として謙虚に物事を見ることが大事だと思いました。

4.9つの学習スタイルについて

 著者は人には9つの学習スタイルがあると説明しています。それぞれのスタイルには得意なことや苦手なことがあります。人は経験から得意な学習スタイルを偏って使ってしまっています。それは、キャリアを形成する上で重要なことではなあるのですが、全てのスタイルを状況に応じて使いわけることで、経験を通してより深い学びを得られると説明しています。
本書には「学習スタイル判定表」があり、自分の得意な学習スタイル、苦手な学習スタイルを知ることが出来ます。私の場合は「検討」「想像」「思考」のスタイルを使うことが多いように思いました。逆に「決定」「経験」「開始」など苦手かもしれません。考え過ぎて行動に移すまで時間がかかることが多いように思いますので、意識的に苦手なスタイルを使って行動的になりたいと思いました。
 本書では、それぞれのスタイルの特徴(得意なこと、苦手なことやコミュニケーションスタイル)、どうしたらそのスタイルを強化できるのか、といった内容が記載されています。自身の得意なスタイル、苦手なスタイルを理解するためのチェック表もありますので、本書で自分のスタイルを知って、苦手なスタイルを克服する方法を知ることができます。

5.学習の柔軟性を手に入れて人生を変えるにはどうすればよいか

 人はどうしても得意な学習スタイルに偏ってしまいますが、より人生を豊かにするためには学習スタイルの柔軟性が重要であると著者は述べています。柔軟性を身に付けるための方法としては以下が挙げられています。

①マインドフルネスを取り入れる

 著者は学びの入り口である「経験」を、自身の学習に活かすために、意思的な方法で経験から先入観を取り除くことが大事であり、そのためには、マインドフルネスが有効であると述べています。マインドフルネスは瞑想を利用し、今この瞬間に起こっていることに注意を向けて、心を鎮めることです。マインドフルネスは思考や習慣による自動的な反応を減らし、先入観を取り去って「今ここ」を意識することに役立ちます。心身の健康への効果が注目されていますが、自身の学習プロセスをより効果的なものにすることにも役立つのであれば、マインドフルネスは是非習慣として取り入れたいですね。マインドフルネスはYoutubeなどに方法がたくさん説明されていますのでご興味のある方は調べてみてください。

②学習サイクルの各ステップを意識的に使う

 “学習サイクルを指針として意図的に学びに使用する”ことも柔軟性をあげるために必要です。特に意識せずに過ごしていると、どうしてもいつも通りの思考や方法で学習のプロセスを進めてしまうと思います。あえて、「今は経験するスタイルを使っている」「次は検討するスタイルを使おう」などと学習ステップを意識することで、学習スタイルの柔軟性を身に付けることができるとのことです。

③焦らず小さな一歩から

 柔軟性を高めるためにはコツコツと経験を積む必要があります。焦らずに少しずつ日々の積み重ねが大事です。三日坊主になってしまわないように、自分が少しでも出来たことがあれば、しっかりと自分を褒めてあげながら着実にステップアップしていきましょう。




6.まとめ

 読んでいて共感する部分も多く、納得感が高い本でしたが、9つ全ての学習スタイルを理解して、日々実践するというのはなかなかハードルが高いように思いました。まずは、自分が特に苦手としているスタイルを意識的に取り入れられるようにしたいと思いました。最終章に「学習スタイル別のまとめ」が載っていますので、それを見返しながら、意識づけていきたいと思います。

ブログ名の変更

これまで「資格勉強と筋トレのすすめ」として、主に資格の勉強方法や筋トレのための栄養などについて記載してきましたが、
あまり新しいネタが無くて更新が滞っていたので、資格勉強等に限らず、日々感じたことや共有したいことを書くブログにしたいと思いましたので、ブログ名を変更しました。
新しいブログ名に特に深い意味はなく、ウォンバットが好きであること、少しでも普段の悩みなどを解消できるような情報を発信したいという思いで付けました。

2017年度の資格試験の受験予定について




現時点で今年度受験を予定している資格試験は、「QC検定 1級と2級」「食品表示検定 上級」です。
あと、「統計検定1級」と情報処理技術者試験の高度に区分される何かも、受験するか検討中です。

QC検定については9月の試験で1級と2級を受験予定です。
まだ本格的な勉強を始めていないのですが、QC検定では統計学の知識がかなり求められるので、統計検定と一緒に勉強を進めることで相乗効果があるのではないかと思っています。
QC検定1級は統計検定2級よりも幅広統計学の知識を問われますので、かなり余裕をもって勉強を始めないと対応できないと思います。
そろそろ本格的に勉強を始めようと思います。

食品表示検定については、中級は一昨年取得して、昨年上級を受験しましたが不合格でした。
今年こそは上級に合格したいと考えています。
中級試験では業務で表示を作成したり確認したりする人にとっては、知っておいたほうがいいと思う知識のレベルが問われていると思いましたが、上級試験については選択式の問題ではかなりマニアックな問題も出題されるので、かなり勉強が必要なのではないかと思います。
上級試験用のテキストが食品表示法の施行に合わせて無くなってしまったので、これというテキストがないというのも難易度を上げているように思います。
勉強方法については今後模索していきたいと思います。

統計検定1級は、今年は受験しても合格できないだろうと思うのですが、来年取得を目標に今年は練習のつもりで受けてみようかと考え中です。
QC検定の対策で統計は今より理解が深まっているのではないかと期待しているので、少しは勉強の方向性が見えてくるのではないかと思っています。

情報処理技術者については、数年のブランクがあったのですが、今年情報セキュリティマネジメント試験を受験したので、また少しやる気が出てきたということもより、最終的にはシステム監査技術者を取得したいのですが、その事前学習として何か高度区分の試験を受けようか検討中です。




今年は自分にとっては難しい試験を多く受ける予定なので、息切れしない程度に頑張っていきたいと思います。
資格試験の受験状況や勉強時間、勉強方法については今後も記載していきたいと思います。