QC検定1級対策 勉強方法




QC検定1級の対策に使用した本と勉強方法を紹介していきたいと思います。

1.おすすめの本

QC検定1級対策の基本として購入すべきなのは以下の2冊です。

    • 【新レベル表対応版】QC検定受検テキスト1級 (品質管理検定集中講座[1]) 日科技連出版社

    • 過去問題で学ぶQC検定1級 2017・2018年版 日本規格協会

「QC検定受験テキスト1級」については基本的な教本みたいなものだと思います。解説も詳しく書いてあるので、統計学についてある程度の知識(大学の一般教養レベル)があれば、恐らく全く理解できないということはないと思います。ただ内容はやはり難しいです。理解しながら読み進めるのにかなり時間がかかりました。
練習問題もあるので、問題を解きながら理解していくことができると思います。
恐らく、QC検定対策本で唯一、試験の出題範囲を網羅している参考書ではないでしょうか。たぶん。
また、品質保証や品質管理などの分野で働いている方にとって、仕事の面でもかなり役立てることが出来そうな本だと思いました。
5000円越えという価格設定が財布には痛いところですが、QC検定1級を受ける方にとっては必須な1冊だと思います。
分厚い本で持ち歩くのが大変なので、Kindle版を出してくれること願っています。

続いて、「過去問で学ぶQC検定1級 22017・2018年版」については、過去問を解かずに試験に臨むひとはほとんどいないと思うので、これも必須な本だと思います。
過去4回分の問題と解説がついています。解説も割と詳しくわかりやすく書いてあるので、「解説読んでも意味わかんねー!」となりにくいのはよいと思います。もちろん個人の理解度によりますので、問題によっては「全然わからん。。」となって飛ばしたものもありましたが、様々な資格試験のオフィシャルな過去問集の中では、割と親切な方だと思います。
QC検定1級はかなり範囲が広く、その割に試験の問題数はそれほど多くないので、過去4回分の試験問題を解いても、出題範囲を全てカバーすることはできないというのは結構難点だと思います。倍くらいの量が掲載されてたらいいなーと思います。

つづいて、上の2冊だけでは不安だったので、プラスで購入した本です。

    • 2015年改定レベル表対応 品質管理の演習問題と解説(手法編) QC検定試験1級対応  日本規格協会

    • QC検定1級対応問題・解説集 (品質管理検定試験受験対策シリーズ) 日科技連出版社

「品質管理の演習問題と解説(手法編) QC検定試験1級対応」は、手法分野に特化した問題集です。QC検定対策で手法分野は過去問だけでは不安だと感じたので、より多くの問題を解くために購入しました。
手法分野の各テーマごとに数問ずつ問題があり、解説も丁寧なのでわかりやすいです。
ただ、私は過去問に取かかる前に、かなりの時間をかけてこちらの問題集を解いていたのですが、若干、実際の試験とは問題の感じが違うことに後になって気づきました。
例えば、実際の試験では分散分析の平方和とか計算量が多くなる値は問題文中で与えられることが多いのですが、こちらの問題集ではデータを提示してイチから計算していくスタイルの問題が多いです。
また、実際の試験では公式として暗記していないと解けないような式についても、こちらの問題集では選択肢として公式が提示されていたりして誘導してくれます。なので、こちらの問題集で勉強中は「しっかり公式を覚えていなくも雰囲気で覚えていれば選択肢から選べるし大丈夫」と勘違いしていましたが、過去問をやってしっかり頭に入れておくべきだということに気づきました。
ただ、実際の試験でもデータを与えられてイチから計算する場合もありますし、そもそもの計算の仕方を理解していないと解けないので、こちらの問題集で勉強する意味は大いにあるかと思います。
まずは過去問を解いて、どのような形式の問題が出題されるのか理解したうえで、こちらの問題集を使って理解を深めるという勉強方法がいいと思います。
繰り返し問題を解いて勉強する場合には、ちまちま計算する必要がないと感じた部分については、問題に値を書き込んでしまってもいいかもしれません。

「QC検定1級対応問題・解説集 (品質管理検定試験受験対策シリーズ)」は、記述・論述問題の解答例が載っているので、記述・論述対策のために買いました。
「過去問で学ぶQC検定1級 22017・2018年版」には記述試験の問題は掲載されていますが、解答例は載っていないのです。
記述でどんな感じの文を書いたらいいか、例が載っているのでそちらを参考に読んでいました。
あまり色々な本に手を出しても混乱するだけかと思いまして、記述・論述の部分以外はほとんど使いませんでした。

私は以上の計4冊を使ってQC検定1級の対策をしました。
しかし、内容が高度になってくると本が高くなるのはわかるのですが、本だけで2万円近い出費だっと思うと、諦められないですね。




2.勉強方法 実践分野

実践分野の勉強方法は「QC検定受験テキスト1級」をまずは全体的に目を通して、その後は過去問を繰り返し解きました。
手法分野に比べると、文章の問題だしわかりやすい印象がありましたが、問題を解くと意外と難しく、また過去問ではなかったような切り口の問題が出ることもあるので、結構間違えます。
過去問を解いた印象としては「新製品開発」「プロセス保証」「方針管理」あたりが頻出なテーマかと思います。
特に、「方針管理」は毎回のように出ているので、方針管理、日常管理、機能別管理等、品質経営に関するところ用語の理解は当然のこと、会社での管理方法の流れを理解し、品質経営関連の問題は出来るだけ落とさないようにすることが重要だと思います。
過去問4回分を繰り返し勉強して、教本を読んでいれば、7~8割くらいは取れると思うので、実践分野については過去問、教本のみで対策できると思います。

3.勉強方法 手法分野

私はまずは「QC検定受験テキスト1級」を読みながら、「品質管理の演習問題と解説(手法編) QC検定試験1級対応」を2回繰り返し解いて、その後、過去問4回分を3回ずつ解きました。
ただ、上記のおすすめの本のところでも書きましたが、「品質管理の演習問題と解説(手法編) QC検定試験1級対応」については若干、実際の試験問題と異なる部分があります。一々細かい計算もする必要があるので、全体を通して勉強するのにかなり時間がかかってしまいもどかしく感じることも多く、過去問から先に手を付けたほうがよかったな、と反省しています。
過去問を解いて始めて、実験計画法と回帰分析が頻出テーマであることがわかりました。
また、本来であれば「QC検定受験テキスト1級」の問題も解いて勉強しておくべきでしたが、時間が足りずできませんでした。
過去問と模擬問題集を全部解けるようになれば恐らく7割近くは取れるのではないと思います。ただし、過去問と模擬問題集でもすべての分野をカバーできるわけではないので、これらの問題を繰り返し解いたからといって、高得点を狙うのはなかなか難しいと思います。
教本の内容をしっかり理解して問題を解けるようになることで、より合格に近づけるのではないかと思います。

4.勉強方法 論述

論述は与えられるテーマ(手法分野から2つ、実践分野から2つの計4つ)から1つ選択して、それについて自分が関与したまたは自社の例を用いて論述するというもの。
どのくらい書けばいいのか、どんな感じで書けばいいのか、なんだかよく分からなくて対策がしにくいところだと思います。
実際、私も対策の仕方がイマイチ分からず、漠然とした不安を抱えたまま試験に臨みました。

回答用紙は25行くらいの罫線が引かれたA4一枚です。量は明確に基準があるわけではないですが、どちらかというとテーマに沿って説明を書いているとA4一枚くらいはすぐに行く気がするので、簡潔に書くように心がける必要があるように思います。
また、採点の基準として、過去の問題の解答では以下の点があげられています。

・プロセス・ストーリー・方策が過不足なくまとめられている。
・プロセス・ストーリー・方策に誤りがない。
・効果・特徴や問題点の考察が打倒である。
・記述に特別な工夫が見られる。
・当たり前でないアイデアが見られる。

うーん。「当たり前でないアイデア」ってどのくらいだったら「当たり前」なんだろうか。。

私の場合は手法分野のテーマについて長々と論述できる自信は全くなかったので、実践分野に絞り込んで、大体どんな感じで書くか、2テーマ分くらい練習として書いてみました。
また、書き方は「QC検定1級対応問題・解説集 (品質管理検定試験受験対策シリーズ)」の解答例を参考にしていました。
とりあえず、自分がどういった会社のどういった担当の部署で、どのような役職なのかという立場を明確に記載して、その後、問題点、その解決策、結果、考察、という順番で書いていくつもりでした。
2017年9月の試験では、実践編のテーマが「製品のトレーサビリティ」と「社内標準化」ということで、どちらも自分にとっては割と書きやすい内容だったのですが、手法分野に時間を使いすぎて論述には10分くらいしか使えなかったため、始めに自分の立場の説明と問題点を5行くらいで記載したところで試験終了していました。

対策としては、教本の内容を理解することと、いくつかのテーマを設定をして自分で書いてみるということくらいしかないかなーと思います。
また、実際に品質関連の業務経験がそれなりにないと書くのは難しいかと思います。
試験ではとにかく時間配分に気を付けて、30分くらいは時間を確保できるようにする必要があるかと思います。
書き出しの部分は自分の役割を記述する等、割とどんなテーマでも似たような内容を書くことになると思いますので、定型文的なものを作って臨んだほうよいかと思います。




以上、2017年9月の試験の反省も含めてQC検定1級の対策について記載しました。
次回試験は2018年3月なので、QC検定対策の勉強はちょっとお休みしますが、次回は必ず合格できるようにしたいと思います。

情報セキュリティマネジメント試験 勉強方法とおすすめの本




情報所技術者試験の情報セキュリティマネジメント試験について、勉強方法とおすすめの本を紹介します。

今まで私が情報処理の試験を受験する際は必ず数年分の過去問を解いて臨んでいたのですが、情報処理マネジメント試験については平成28年から始まった試験区分ということで、過去問の数が限られているということに不安を感じながらの勉強でした。

勉強に使用した本は以下になります。

選んだ理由は、過去問が少ないので、過去問だけで全ての範囲をカバーするのが難しいと思い、教科書の内容を覚える必要があるがあまり情報量が多すぎると覚えられないので、ほどほどに絞り込んだ内容の本にしようと思ったためです。

実際に、必要最小限の情報量で、練習問題も情報セキュリティマネジメント以外の区分の過去問などが掲載されていて、とても勉強しやすかったです。

私はタブレットで通勤時に電車の中で読むようにして、試験前までに全体を通して3回読んで試験に臨みました。

少々曖昧な部分もありましたが試験の結果としては90%と近い得点で合格できたので、上記の教本を何度か繰り返し読んで覚えるだけである程度対応できるのではないでしょうか。
ただし、基本情報処理などの他の区分の試験を受けたことが無い場合は、練習問題が多く掲載されている本で出題される問題の傾向を理解しておいたほうが安心かもしれません。

情報処理技術者試験と聞くと、IT系の会社に勤めている方や、IT系の部門で働いている方が対象のもののように感じますが、情報セキュリティマネジメント試験はユーザー側の視点でのセキュリティ管理に関する内容となっていますので、どんな部門・領域で働いている方も対象となると思います。
寧ろ、IT系と呼ばれる人々にとっては割と常識となっている内容も多く、それ以外の領域で働いている方のほうが試験で得られることは多いと思います。
新しいシステムの導入、運用の際に、セキュリティ上の問題があれば指摘等することで社内での信頼度も高くなるかもしれません。




2017年秋の情報処理技術試験を受験するか迷っているのですが、受験する場合はシステムアーキテクトかITサービスマネージャかなぁと考えています。
今後実際に試験勉強を開始したら進捗や勉強方法についても記載していきたいと思います。

統計検定2級の勉強 おすすめの本②




前回の投稿で統計検定2級の事前学習に使用した本を紹介しました。

続いて、実際に統計検定のための勉強に使用した本を紹介します。

  • 「日本統計学会公式認定 統計検定2級公式問題集 2014~206年」日本統計学会(編) 実務教育出版
  • 「改訂版 日本統計学会公式認定 統計検定2級対応 統計学基礎」日本統計学会(編) 東京図書

何はなくとも公式問題集は必須です。公式問題集で過去問を解くことが検定合格の一番の近道だと思います。公式の問題集は解説もしっかり記載されているので、基本的なことを理解していれば、解説の内容も理解できると思います。私は統計検定を受ける前に、2016年分(6月実施・11月実施)、2015年分(6月実施・11月実施)の2年分を2回解いて、2回目でも自信をもって解けなかった問題を3回解きました。正直言って解説を何度読んでも理解できない問題もありましたが、出題されやすい分野、毎回出題される分野などを理解することができますし、過去問で理解できた問題の類似の問題は、本番で落とさないようにすることが大事だと思います。

公式の教科書については、以前の投稿で紹介したような本と比べると決して分かりやすいものではなく、あまり使いませんでした。しかし、今年の問題でも出題されたコレログラムであったり、Rでの重回帰分析の出力結果の解釈など、一般的な統計学の教科書では説明されていないようなことについては、こちらの教科書で確認することが出来たので全く役に立たなかったわけでは無いし、持っていたほうが心強いかな。。と思います。ただし、コレログラムについては教科書の解説を読んでも全然理解できませんでしたので、今回出題されたコレログラムの問題は落としました。。

私は始めのうちは公式の問題集の解説を読んでも、一体どんな理由でその計算をしているのかサッパリ分からないという状態でした。公式の教科書も理解不能だし。。そんなときに参考書として活用したのは以下の本です。

  • 「まずはこの一冊から 意味がわかる統計学」石井俊全著 ベレ出版
  • 「まずはこの一冊から 意味がわかる統計解析」涌井貞美著 ベレ出版

どちらも同じ出版社から出版されている本で、内容も重なる部分がありますが、とても分かりやすく、この2冊を駆使して公式問題集の解説を解読しました。

「意味がわかる統計学」の方は、確率変数の計算や検定などの計算の過程を詳しく丁寧に解説されているので、問題集の解説で省略されている計算の過程を理解するのに役立ちました。また「意味がわかる統計解析」の方は、それぞれのテーマを比較的コンパクトに分かりやすく説明してあり、解説の解読に一番使用しました。また、ベイズ統計や分散分析など、「意味がわかる統計学」ではカバーできな分野についても説明されていて、統計検定2級の出題範囲をかなりカバーしている内容だと思います。




その他、分からない用語などはネットで調べるなどして、なんとか過去問を9割程度理解できた状態で試験に臨みました。

今後は自分なりの試験の攻略法や、今回の試験の解説なども記載していきたいと思います。

 

統計検定2級の勉強 おすすめの本①




私が統計検定2級の勉強を始めるにあたり、まず初めに基礎的な内容を理解するために読んだ本を紹介します。

普段、仕事でがっつり数式と向き合うような機会は滅多になく、学生時代からのブランクもあるため、基本的な内容から勉強するために、出来るだけ平易な説明をしてくれている本を探して概要を理解するようにしました。

始めに読んだのは以下の2冊です。

  • 「マンガでわかる統計学入門」滝川好夫著 新星出版社
  • 「完全独習 統計学入門」小島寛之著 ダイヤモンド社

統計学をマンガで解説した本はいくつかありますが、「マンガでわかる統計学入門」を選んだのはKindleでたまたま価格が安くなっていたからです。なので、他のマンガでの解説本とは比較していませんが、統計学の基礎的な内容や区間推定、検定について概要を理解するのは大変よい内容でした。図で解説されているので確率分布など文章や数式だけだと理解しにく部分も割とすんなりと理解することが出来ました。最近は統計学に限らず色々な分野のマンガがでていて、難しい内容も理解しやくなっているのは素晴らしいことだと思います。なんとなくマンガで勉強って年齢的に(?)周囲の人に見られるのが恥ずかしいような気がして外出先で読むのは憚れたのですが、タブレットで読めば外出先でも周りを気にせずに読めますし。

「完全独習 統計学入門」については、「”使うのは中学数学だけ”」ということで、とにかく平易な説明で書かれている本ということと、amazonでの評価がよいので選びました。標準偏差の説明にかなりのページを費やしているのですが、統計学を学び始めた頃は標準偏差って何の意味があるのかイマイチ掴めないという方も多いと思いますので、この本でみっちり標準偏差の意味について理解を深めることができます。また、区間推定や検定などの基本的な内容を難しい数式を使わずに説明されているので、数式を読むのが苦手な私でも苦痛を感じることなく読み進められました。

上記の2冊を読み終えて、統計学について大体のイメージを掴んだ後に、以下の本でより詳しく勉強することにしました。

  • 「入門 統計学 検定から多変量解析・実験計画法まで」栗原真一著 オーム社

上記の2冊と比べると、より教科書らしいおもむきで、難しいテーマに関する内容も含まれます。統計検定2級の範囲の大部分はカバーできている内容だと思います。しかし、「数式ばかりで何が何だか分からない」というような事はなく、出来るだけ理解しやすいように考慮して文章で説明されているので、読み進めるのを断念してしまうことはありませんでした。統計検定2級の範囲よりも進んだ内容もあるので、一度試験の範囲を確認したうえで、多変量解析に関する部分などは飛ばして読みました。t検定を繰り返し行うのではなく、分散分析を使う理由など、色々な手法の意味を解説されているので、理解が深まりました。




以上の3冊で統計学の概要を掴んで、その後は公式の問題集に取り組ました。問題集を解く際に参考書として使用した書籍などはまた別の投稿で紹介したいと思います。